くらしをつくる会社 一般社団法人 MIT[みつける・いかす・つなぐ]

メンバー紹介

吉野 元の写真

吉野 元 代表理事/コンサルタント

1981年宮城県仙台市生まれ。東北大学大学院卒(生命科学博士)。東北大学認定PEM(Professionai Ecosystem Manager)取得。環境省自然環境局、株式会社レスポンスアビリティ(環境経営コンサルティング会社)を経て、平成24年7月より対馬に移住。平成25年より当法人の統括マネージャーに就任。平成29年6月30日より代表理事に就任。

Facebook:https://www.facebook.com/hajime.yoshino.18

いなかマガジン:http://inaka-pipe.net/category/yoshino_hajime/

【担当している仕事】
  • 経営全般・事業計画作成
  • 各業務の全体統括
  • サスティナブルショップMIT 店長
  • 佐護ヤマネコ稲作研究会事務局
  • 代表挨拶

細井尉佐義の写真

細井 尉佐義 理事

【略歴】
1972年長崎県生まれ。TCE東京環境工科専門学校卒。現在は、海子丸船長として、一本釣り漁一筋で、家族5人を養っている。自然環境保全と資源保護を第一に考え、地元、他府県の漁協組合関係のイベント、講演等に積極参加。これまでにそのような活動が大きく認められ、テレビ取材、多くのメディアにも出演している。

いなかマガジン:http://inaka-pipe.net/category/hosoi_isayoshi/

海子丸Webページ
http://kaikomaru.net/
川口 幹子の写真

川口 幹子 理事/主任研究員

このゴミはどこに行くんだろう。。。気になってしまってモノが捨てられない。その結果、どんどん部屋が汚くなる、というのがもっぱらの悩みです。
自然界ではゴミが出ません。ゴミは形を変えて資源になるから。人間社会も、昔はそうだったんですよね。小さくてもいい、地域にある資源を活かして、地域内でちゃんとモノとカネがまわる地域を作りたい。そう思って対馬に移住しました。実践しなければ意味がない、と思って、今は3反ほどの田んぼで水稲も行っています。将来は、ちゃんと農家としても、独り立ちできるようになりたいです!

Facebook:https://www.facebook.com/kawaguchi.motoko.1

いなかマガジン:http://inaka-pipe.net/category/kawaguchi_motoko/

【担当している仕事】
  • 域学連携事業:現場で学びたい!という学生や社会人と地域を繋ぎ、共に課題解決を目指すプロジェクト
  • 民泊推進事業:対馬グリーン・ブルーツーリズム協会の事務局業務、ツアーの企画・運営など
  • 地域でモノもカネも循環する「志多留自然農園」構想を実現する準備
冨永 健の写真

冨永 健 事務局長

東京から引っ越してきて、畑と釣りをしながらニワトリと暮らしています。

いなかマガジン:http://inaka-pipe.net/category/tominaga_ken/

対州馬保存会Facebook:http://www.facebook.com/tsushimahorse

【担当している仕事】
  • 事務局(総務・経理・ダメ出し)
ねこりんの写真

ねこりん 物販/営業/ヤマネコ担当

岐阜県生まれ。2017年3月まで東京の化学系製造メーカーに勤務し、営業・宣伝・システム関係の仕事に従事。もともとねこ好きでしたが、2007年よりツシマヤマネコのかわいさの虜になり対馬に通いはじめました。以後、全国のツシマヤマネコ飼育園館をまわってヤマネコの写真を撮ると同時に、NPO法人ツシマヤマネコを守る会の会員(現在は理事)として、各園館で開催されるツシマヤマネコ普及イベントにブース出展を行うなど、域外での啓発活動を中心に活動してきました。2017年4月より対馬に移住し、8月からMITに勤務。自宅で3匹のねこ(島内で保護されたイエネコ)とともに在住。ヤマネコ+イエネコまみれの生活を満喫しています。

いなかマガジン:http://inaka-pipe.net/category/hane_yoshio/

ツシマヤマネコなぅ:http://tsushimayamaneko.jp/now/

【担当している仕事】
  • 物販・営業・ヤマネコに関する業務全般。
  • 佐護ヤマネコ稲作研究会事務局。
松野 由起子の写真

吉野 由起子 島デザイナー/画家

東京生まれ東京育ち。多摩美術大学・絵画科・油画専攻 卒。対馬市島おこし協働隊・島デザイナーとして2011年より対馬に移住。2014年からMIT専属デザイナーとして活動中

いなかマガジン:http://inaka-pipe.net/category/yoshino_yukiko/

Facebook:https://www.facebook.com/yukiko.matsuno.5

【担当している仕事】
  • 島デザイナー:米袋、バスのラッピング、ロゴマーク、ポスター、パンフレットなど、ありとあらゆるもののデザイン業務。
  • MIT商品開発:商品のイラストからポップ、チラシ作成、営業ツールの企画から作成まで。
  • ものづくりLabo.:市民が気軽に立ち寄れるものづくり工房。商品開発からパッケージデザイン、売り方まで現場で一緒に考える場づくり。
  • イラストレーター:写実的なイラストから似顔絵、ポップなイラストまで御依頼内容に応じて多種多様なイラストを描きます。得意分野は野生動物、海の生物、野鳥など。
  • 絵画:水彩、色鉛筆などを使い紙に描きます。
  • 手描きウエルカムボードも制作します。
  • 消しゴムはんこ:リアルな動物たちから年賀状はんこまで。ワークショップも随時行っております
萩野 友聡の写真

萩野 友聡 MIT専属調査員

大学院での専門は水産学・磯場の生態学です。テータ収集や統計解析、文献整理、大工仕事が得意です。QGISも使いこなせます。農業の手伝いも4年間ずっとやってきました。職人気質であり、調査員として活動しています。調査業務は、大変ですが、やりがいのある仕事です。対馬の豊かな自然と切磋琢磨できる同僚、優しい地域住民の皆さんに囲まれ、充実した生活をおくっています。

いなかマガジン:http://inaka-pipe.net/category/hagino_tomoaki/

Facebook:https://www.facebook.com/TomoakiHAGINO79

【担当している仕事】
  • 環境調査、統計解析、情報収集、議事録作成、各種補佐業務
重原 奈津子の写真

重原 奈津子 特別研究員

人の利用の影響を大きく受けた‶里山‶と呼ばれるような環境が、人が減り、利用されなくなる中でどう変化していくのか、そして、私たちはその変化をどう捉え自然と付き合っていくのか。この疑問を抱え、修士1年の時にインターンに来たことがきっかけで、対馬で研究を始めました。現在はMIT研究員兼京都大学博士課程に在学中で、研究のテーマは自然資源利用や景観変化。京都在住ですが、1年の半分を対馬で過ごしていたり、休学して対馬で働いたり農業したりと、ここ数年は京都と対馬を行き来する半島民生活を送っています。

【担当している仕事】
  • 環境調査、統計解析、情報収集、議事録作成、各種補佐業務
高倉 裕司の写真

高倉 裕司 福岡営業担当

博多生まれで博多育ちで、「何で対馬?」と問われることがあります。それまで気にも留めていなかったのですが、あるきっかけで対馬のことを知りました。対馬は日本の原点です。歴史と文化を守るためには欠かすことのできないところです。対馬を活性化させることは日本を活性化させることになります。ルーツを知ることで日本人としての誇りを取り戻し堂々と生きていく人づくりに貢献できるように日々邁進中です。対馬の魅力を伝え、一人でも多くの人に気付きを与えることで貢献したいと思います。 普段は、某保険会社での営業、管理職を経験後、企業の保険担当者を経て独立し、トータル・ライフ・コンサルタント、ファイナンシャルプランナー歴30年になります。複数の保険会社の商品を組み合わせ一人一人のライフサイクル、ニーズに合わせ無理無駄を省いた提案をしています。さらに生老病死にかかわる、あらゆるリスクを回避し、不安の解消、資産形成のお手伝いを行い、時代に沿った安心を提供しています。

【担当している仕事】
  • 福岡でのMITや対馬の宣伝・営業活動
  • 対馬の日本人の交流人口を増やすための観光ツアーの企画・運営
  • トータル・ライフ・コンサルタント、ファイナンシャルプランナー